景気に比例して不動産価格が上昇するため練馬区の不動産はおすすめ

不動産を購入する場合、多くの人が、できるだけ不動産価格が下落しないエリアを選びたいと考えます。その観点から練馬区の不動産について述べてみたいと思います。

日本経済の景気に連動して不動産価格が上昇する

練馬区全体を平均してみたうえで、練馬区の不動産価格の推移をチェックすると、日本経済の景気に連動して不動産価格が上下に変動していることを読み取ることができます。つまり、2000年以降について述べると、2005年までは不動産価格は下落トレンドとなっていましたが、2006年から2008年までの好景気の期間は不動産価格は上昇に転じています。そして、リーマンショック以降の2009年から2013年までは再び不動産価格は下落トレンドに転じてしまいましたが、アベノミクス景気が始まってからの2014年以降は今日まで不動産価格が上昇しています。
不動産価格が景気に連動しているため、一方的に不動産の資産価値が減少する心配をする必要はありません。

練馬駅エリアの不動産価格が比較的高めに推移

練馬区内でも、とくに練馬駅エリアの不動産価格が高めの価格で推移しています。2018年の公示地価で比較をすると、練馬駅エリアの地価は坪単価で186万円となっており、他の練馬区内のエリアと比較すると坪単価で10万円から50万円も高い価格となっています。
不動産市場では、公示地価の高いエリアのほうが、不動産価格は下がりにくいといわれているため、練馬駅周辺の不動産をおすすめできます。