練馬区の土地を購入するにあたり気を付けるポイント

練馬区の土地を購入するにあたり気を付けるポイント

練馬区のこれまでの推移

練馬区は東京都23区の中でも5番目に広い区であり、それ故に人口も多いです。しかし、ここで注目すべきなのはその人口の増加率です。1970年にはおよそ53万人だった人口が2010年には72万人にまで増加しています。これは東京都内でも異例の増加傾向にあります。しかしもっと重要なのは2010年から2015年にかけての人口増加率です。およそ5,000人しか増加していません。他の区に比べてもこの増加率は非常に低いと考えられます。これは練馬区の不動産に対する視線があまり集まっていないことが理由として考えられます。

練馬区の不動産の人気がいまひとつな理由

これはひとえに練馬区の不動産が現在やや割高感があることに起因していると私は考えています。ほかの区は人口増加が顕著に確認されており、これに伴って不動産の相場も上がって行っていることは納得がいきますが、練馬区の場合に関しては不動産の相場だけが独り歩きしており、これを購入者である国民がきっちりと感じ取っているからこのようなことが怒っているのだろうと推測できます。また、東京都内としてはやや北西部に位置しているので、神奈川県に行きにくいというデメリットも少なからず影響していると私は考えています。今後は東京都と神奈川の2トップになるので、これはしっかりと考慮した方がよさそうです。