面積や大病院の数などの特徴がある練馬区とその土地物件

練馬区は、大きな病院と面積が特徴的です。このエリアの土地は、23区の中でも住宅地の割合が大変多い上に、畑として活用されている傾向があります。不動産業者の数も多く、土地物件は見つけやすいエリアです。

土地の面積と畑としての活用が特徴的

練馬区という地域は、面積に大きな特徴があります。23区の中では、面積が比較的大きい方だからです。区部の中では、5番目に面積が大きなエリアになります。
また23区としては、畑の割合が多い地域でもあります。土地物件は、必ずしも住宅を建てる為に活用されている訳でもありません。畑として活用される事もあるのですが、23区の中では畑として活用される物件が多いのが、練馬の特徴と言えます。

大病院が比較的多く見られる

それと練馬区は、大きな病院の数にも特徴があるのです。23区の中では、総合病院の数が比較的多い方になります。
日常生活では、万が一の病気になる事もあり得ます。ですから大病院があるかどうかを基準に、土地物件を選ぶケースも多いのです。その点練馬区は、大きな病院の数が多いですから、多くの方々が着目しています。

不動産業者の数も多い

ただし土地物件を探すにしても、まずは不動産業者を選ぶ必要があります。練馬区は、その不動産業者の数にも特徴があるのです。
というのも練馬地域は、都内の中でも不動産業者の数が比較的多い方になります。自分に最適な不動産業者も、比較的見つけやすいエリアなのです。