新築一戸建て購入におすすめの住環境の整った練馬区で快適な暮らしをしてみませんか

練馬区は23区の中では、比較的地味というイメージを持たれがちであり、住みたい街ランキングで上位に入ることはありませんが、実際に住んだ方々の声を聞くと、住んで良かったという声が多い街なのです。そんな練馬区で新築一軒家を購入するメリットについてみていきましょう。

練馬区はどんな街なの?

練馬区は、23区の中では北西部に位置し、自然には恵まれているものの山や丘はないため全体的にフラットな地形で、坂が無く徒歩や自転車運転のしやすいエリアです。石神井公園を始め、大泉中央公園や武蔵関公園など緑豊かな公園が行くつもあり、遠出をしなくても緑に親しめる環境にあります。

アクセス環境はどうなの?

緑豊かな環境にありながら、都心部への近さも魅力の一つです。西武池袋線や西武新宿線が乗り入れている他、都営大江戸線や東京メトロ副都心線も乗り入れています。また、池袋や新宿、渋谷へ通じているため、多方面へのアクセスがよく、通勤や通学に利便性の高いエリアとなっています。

子育て環境はどうなの?

練馬区は全体的に自然が豊かで治安が良い閑静な住宅街が広がるエリアであるため、子育て世帯にも人気のある街です。
保育園や幼稚園、小中学校も揃い、安心して登校させることができます。また一時預かり施設やショートスティ施設も設置されています。また放課後や休日に子供達が安全に遊ぶことができる居場所づくり事業への取り組みもされており、児童館17ケ所と厚生文化会館児童室1か所、地区区民館22か所が設置されています。

近くで買い物も楽しめるの?

実は、練馬区はショッピングモールも充実しています。
光が丘駅直結の「光が丘IMA」は、飲食店や服飾雑貨の他日用品や食料品店もあり、日常の生活用品を揃えることができます。
また、光が丘の住宅街にある地産マルシェでは、産地直送の新鮮な野菜を購入することができます。他にも、練馬駅すぐのCoconeriや大泉学園駅のグランエミオ大泉など多数のショッピングスポットがあります。

このように住環境が整い、都市部へのアクセスが良く、緑豊かなこの練馬区は、永住するのにふさわしく新築一戸建て購入するのに、おすすめのエリアです。