西東京市内で不動産を購入するなら田無駅エリアをおすすめ

西東京市内で一戸建て住宅をはじめとする不動産を購入する場合には、田無駅エリアをおすすめします。その理由は明快です。

田無駅エリアは武蔵野台地の高台に位置する

西東京市内には、東京都心への通勤や通学のための交通アクセスとして、西武池袋線と西武新宿線がとおっています。そして、西武池袋線ならば池袋駅まで直通で行くことができ、西武新宿線ならば高田馬場駅や西武新宿駅へ乗り換えなしで行くことができるため、勤務先への通勤の利便性を重視して、西東京市内での不動産購入場所を選択しがちだと思われます。
しかし、地形的に考えれば、もっともおすすめしたいエリアは西武新宿線の田無駅エリアといえそうです。理由は明快です。このエリアは、武蔵野台地の高台に位置するためです。

芝久保町や向台町は住宅地盤として良好とされている

田無駅エリアにおいても、とくに芝久保町や向台町は住宅地盤としては良好とされています。具体的には、海抜高度が高く、なおかつ起伏の少ない平坦地となっていることが挙げられます。さらに、関東ローム層と呼ばれる火山灰土で土地が覆われていることも挙げられます。
芝久保町や向台町で実際に地質調査をしたところ、土地の深い深度からローム土の堆積が予想できることが判明しているため、大地震が発生しても一戸建て住宅などの建物に深刻な被害が及んだり、地盤に悪影響が及んだりする可能性が低いとされています。このエリアは、住宅地盤としてふさわしいのです。