志木市内で不動産を購入するなら志木駅エリアがもっともおすすめ

志木市内で一戸建て住宅などの不動産を購入する場合は、東武東上線の志木駅エリアを選ぶことを第一にお勧めします。その理由を明快に述べてみたいと思います。

志木駅エリアは武蔵野台地の高台に位置する

志木市内には東京都内への交通アクセスとして東武東上線が通っており、一戸建て住宅などの不動産を購入するにあたっては、多くの方が東武東上線沿線で売りに出されている不動産のなかから選択することになると思います。
これらの不動産のなかで、第一におすすめしたいエリアが志木駅周辺エリアとなります。具体的には本町3丁目や5丁目、6丁目となります。理由は、このエリアが武蔵野台地の高台に位置するため地盤が強固となっているためです。このエリアは、海抜高度が高いだけでなく、関東ローム層と呼ばれる火山灰土で覆われており強固な地盤であるといわれています。
そのため、大地震が発生しても地盤沈下が発生したり、地割れが起きたりするなどの被害が発生する可能性は低く、住宅地盤として適しているといわれています。

入間台地の高台に位置するみずほ台駅エリアもおすすめ

志木市内には、武蔵野台地とは別に入間台地と呼ばれる台地も存在します。東武東上線のみずほ台駅エリアがこれに該当し、入間台地の高台に位置しています。このため、志木駅エリアと同様に地盤は強固であることから、大地震が発生しても住宅や地盤に悪影響を被る可能性が低いとされており、不動産を購入するにあたってはおすすめできるエリアといえます。