不動産を購入するなら練馬区の豊島園北側エリア

不動産を購入して定住を希望される方へは、練馬区の豊島園北側エリアをお勧めします。その理由について、述べさせていただきます。

地形的に武蔵野台地の高台に位置する

豊島園の北側エリアは、住所でいうと、早宮3丁目や4丁目、あるいは春日町1丁目から5丁目となります。地形的には武蔵野台地の高台に位置しており、地盤が強固となっていることから、大地震が発生した場合、マンションであっても一戸建て住宅であっても、地盤が軟弱な地域の物件と比較すれば建物への被害は少なくて済むと思われます。とくに基礎工事がきちんと実施されている物件ならば、問題はないと思われます。

眺望が良いだけでなく閑静な住宅街となっている

練馬区の豊島園北側エリアに位置する、武蔵野台地の高台で不動産を購入することのメリットは、眺望の良さを挙げることもできます。
西武豊島園線や都営地下鉄大江戸線の豊島園駅から、春日町や早宮3丁目4丁目方面へ歩いていくと、石神井川があります。この石神井川を渡ると、道路は坂道となり、地形が高台となっていくのです。
早宮3丁目や4丁目は、坂道の斜面もしくは高台に位置するため、2階建ての一戸建て住宅であっても眺望の良さに恵まれています。マンションの3階程度の住戸であっても眺望の良さには驚かされます。さらに、このエリアは閑静な住宅街となっているため、夜の時間帯は静かであり、治安も良好です。深夜に一人歩きをしていても不安を感じることはありません。

最新記事